2015年09月07日

あおひれ

それにしてもよく見ればやまださんの鰭ってすっごい綺麗。
kpbl-210.jpg
照明を受けると青いステンドグラスみたいに輝きます。
さすがブルーレインボーの名を持つだけの事はある。
しかし進化の過程でどういう経緯でこんな発色をするようになったんだろう。
…ってな事を考えるとネオンテトラとかの方がよっぽど不思議ですね?
あんな目立つの自然界じゃ不利じゃないのかな?
posted by こパひろし at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ベタ飼育日記
この記事へのコメント
鳥にはカラフルな種がいますが、もちろん捕食者に狙われやすいです。
ただ、敵に狙われながらも体や羽に傷が無い個体は、生き延びる力が強いということになります。
つまり、より強い子供を作れるので個体としては不利なのですが種全体としては有利なのです。

ヒレが目立つということは、綺麗なヒレならモテモテ、ボロボロなら振られやすいのかも。
Posted by ロボアルパ at 2015年09月07日 22:13
>ロボアルパさん
なるほど虫なんかでもやたら派手なのとかいますもんね。
うまいこと出来てる。
しかしそういう生き物見てるとつくづく神様ってのはすごいデザインセンスしてると思います。
Posted by こパひろし at 2015年09月08日 14:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163070521

この記事へのトラックバック