2015年10月05日

かなふで

ちょっと抽象的な話になりますが
RPGでプレイヤーさんにとあるアクションを起こさせるのに
ゲーム世界の雰囲気を優先して複数手かけさせるのか、
システム的な快適度を優先して1手で済ませるのか。これは少し考えます。
特に反復が必要なアクションなら快適さを優先するべきなんでしょうが
そんなに頻度は高くないけど時々必要、くらいならどうしよう?とかいろいろ考えちゃうわけです。
…まあ多分考えすぎだし同人なんだから好きにしろ、が正解な気もしますが(笑
posted by こパひろし at 07:43| Comment(3) | TrackBack(0) | RPG製作日記
この記事へのコメント
実際に試してみたり体験版につっこんで反応見てみたりとかどうでしょう?
ちょっと違いますが案ずるより産むが安しとも言いますし
Posted by 通りすがりの電柱 at 2015年10月05日 14:46
特に重要である、もしくはこだわりの一点である、というのでなければ快適度優先の方がプレイヤーにはありがたいんじゃないかな、と
Posted by 好翁 at 2015年10月06日 00:38
>通りすがりの電柱さん
そうですね、またしばらくしたら体験版を更新するつもりなので
よろしければそういう部分も見ていただければ。

>好翁さん
まあ基本的にはそうよね。しかし製作者目線だと結構気付けない事多くて
テストプレイ繰り返しててやっとあれこれ面倒じゃねってなる事もしばしばなのだ。
Posted by こパひろし at 2015年10月06日 08:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165026950

この記事へのトラックバック