2017年08月09日

かばぞう

今までより広いエリアを動き回れるようになるタイミングで
メインの導線を追うとちょっと強めのボスが出て初見だと苦戦するor勝てないけど
少しメインから外れてあれこれこなしてるうちに
メインの方のボスにも勝てるようになってるゲームバランスはもはや職人芸であるなー。
posted by こパひろし at 07:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
RPGはなんやかんや言っても結局ゲームバランスですよな。
シンプルであればシンプルであるほど難易度が上がって
しまうから、転職だの合成だの様々な要素を取り入れて
逃げ道を作る。
こうやってプレイヤーが意識せず自分にとって最適な
ゲームバランスでプレイできるゲームがまぁ、万人に
とって面白いゲームなんでしょうね。

こぱさんのわふにゃのクエストは面白かったですよ。
Posted by at 2017年08月09日 22:20
そう言っていただけると嬉しいですー。
素人ながらに結構気を使いましたがうまくいってるなら
昔からドラクエはじめいろんなRPGを体験したのが生きたのかもですね。感謝です。
Posted by こパひろし at 2017年08月10日 13:44
3DS戻ってきたのでDQ1買ってクリアしました。
ファミコンでしかプレイしていなかったので、りゅうおうのゲームバランスが全く違っていてびっくりしました。

昔→攻撃力は低いが守備力がとても高く、魔法で回復しながらの持久戦になる。MPが足りるかどうかの緊張感がある。

今回→はげしいほのおでのダメージが50の上に、すばやさが勇者とほぼ同値。勇者の最大HP150くらいなので、残りHP100のとき・・・
・攻撃→攻撃したターンに50ダメージをくらい、次のターンに先制はげしいほのおを受けるとやられる。
・回復→先制で回復した後はげしいほのおでまた同じ状況になってしまう。ベホイミの回復量が85〜100なのでもったいなくMPの減りが速くなる。
という、二択をよく迫られます。
負けることを恐れずに攻撃するか、安全をとって回復するか、どちらが勇気なのか試されているようです。

りゅうおうの守備力自体は減っているので長期戦にならずMPは余るので、ダンジョンでMPを1ポイントも使えなかったFC版よりもダンジョンの難易度は下がっています。ゲームの評価はゲームの難易度ではなく、プレイヤーがどう感じたかなので、簡単にしつつ面白く感じさせるゲームバランスはすごいと思いました。
Posted by ロボアルパ at 2017年08月12日 10:49
聞くところによると今回の配信はスマホ版の移植らしいですね。

当事のRPGは手順を間違えると攻略不能になっちゃうなんてのも多々あった中で
ドラクエは誰でもクリアできるってのも受けた要素の一つなので
そこを現代風にうまくアレンジできてるなら
ゲームバランスもきちんとリメイクしてあるのは良い事だと思いますよー。
Posted by こパひろし at 2017年08月13日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180597537

この記事へのトラックバック