2018年12月17日

あしし

とりあえず片足&もう片足途中まで組みました。
RGシリーズは初めてだけどなんで完全に隠れちゃう内部フレームまできっちり造形してあるの!?
kpbl-272.JPG
それにしても片足だけで30以上のパーツが接着剤も使わず
文字通り寸分の狂いも無くきっちりはまってガシガシ可動するすごい緻密さと精密さ
しかもこれが大量生産品てんだから
ガンプラは誇張抜きに世界に誇れるレベルの工芸品と言って過言でないと思うですよ。
posted by こパひろし at 07:53| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
バンダイ驚異のメカニズムッ!!

ガンプラはPGのアストレイレッドフレーム以来
作って無いなあ。
本当に組むだけでなかなか満足な物ができるので
バンダイはすごいですよね。

「どんな装甲だろうと撃ち貫くのみ!」の
プラモデルを作ったことがあります。
良い出来だと思いますが、
バンダイ驚異のメカニズムを体験してしまうと、
どうしても粗がわかってしまいましてね……。
Posted by ロボアルパ at 2018年12月17日 14:12
PGはあこがれるけどデカさとお値段でなかなか手が出ないですね…;
RGシリーズはコンパクトサイズ(サザビーは結構大きいけど)にみっしり詰まった密度がいい感じです。
コトブキヤのプラモは昔バーチャロンの白虹テムジン作ったけど
パーツの保持がかなり脆かった記憶が…。
FA:Gには興味ありますなーでもたまに手間かけて作るならやっぱりガンプラってなっちゃいます。
Posted by こパひろし at 2018年12月18日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: